一般社団法人

日本詩人クラブ

English

イベント情報

例会・国際交流・地方大会・詩の学校・詩の授業などのお知らせを掲載いたします。

例会・国際交流・地方大会

2019年12月 例会《日本詩人クラブ創立70周年記念プレイベント現代詩東西南北》・忘年会

日時:2019年12月14日㈯14時30分〜17時
会場東京グランドホテル3階「桜の間」
会費:500円(会員・会友も)
詩朗読&スピーチ:坂木昌子氏/2019年新入会員の紹介
講演:「奇岩・奇石の詩的風景:文化地質学の視点から」若宮明彦氏
演奏:「フルートとヴァイオリンで奏でる西條八十」ほか
忘年会:同ホテル「蘭菊の間」にて、17時〜19時。会費:6,000円。
12月例会・忘年会チラシ

2019年1月 《日本詩人クラブ創立70周年記念プレイベント現代詩東西南北》・新年会

日時:2020年1月11日㈯14時〜17時
会場早稲田奉仕園・スコットホール
会費:500円(会員・会友も)
テーマ・スピーチ:「創立70周年事業「現代詩東西南北」」中村不二夫氏。
座談会:「現代詩東西南北 ─詩がひらく未来」コーディネーター・原田道子氏、出席者・江口節氏、川島完氏、齋藤貢氏、瀬崎祐氏。
新年会:早稲田奉仕園・リバティホールにて17時〜19時、会費:5,000円(会費をお支払いの方 4,500円)。
1月イベント・新年会チラシ

2019年2月 例会《日本詩人クラブ創立70周年記念プレイベント》

日時:2020年2月8日㈯14時~17時
会場早稲田奉仕園・リバティホール
会費:500円(会員・会友も)

詩朗読&スピーチ:青山いさお氏、大久保しおり氏、浅木萌氏。

講演「悲しみと喜びを 言語化してかがやく良寛的世界」中野東禅氏。
(「苦という存在の特性と、滅という覚めた心との間を言語化することで人生は意義あるものになる」というのが「法華経十五従地涌出品」の心であり、道元の「正法眼蔵・自証三味」の主張です。「語り給え、聞き給え」その時、人は教えつつ学び、学びつつ教えているのだと。良寛さんの生き方と、言語表現力は、まさにその精神の実現だったのだ、と味わわせて頂いています。)

スピーチと朗読:『アンバル・パスト詩集』より 細野豊氏。

例会終了後(17時〜19時)、交流会を予定(サイゼリヤ)会費3,000円。
2月例会チラシ

2019年3月 例会《日本詩人クラブ創立70周年記念プレイベント》

日時:2020年3月14日㈯14時~17時
会場早稲田奉仕園・リバティホール
会費:500円(会員・会友も)
詩朗読&スピーチ:相沢正一郎氏、田村勝久氏、渡辺みえこ氏、秦ひろこ氏。
講演「世界へ飛んだ蛙─国際性と日本の古典」近藤蕉肝氏、水崎野里子氏、永井ますみ氏。
3月例会チラシ

2019年4月 三賞贈呈式

日時:2020年4月5日㈰14時~17時
会場東京グランドホテル3階「桜の間」
パーティー:同所 蘭の間・菊の間、17時〜19時。
詳細が決まり次第UPいたします。

2019年5月 日本詩人クラブ創立70周年記念 関西大会のご案内

日時:2020年5月9日㈯13時30分〜17時
会場ホテルアウィーナ大阪 金剛東の間
会費:1,000円(会員・会友も)
懇親会:17時20分~19時、同所 金剛中・西の間、会費7,000円。
講演:「詩と音楽─詩人が耳をひらくとき─」佐々木幹郎氏。
鼎談:「近代と現代を結ぶもの─中也読みの楽しさ」佐々木幹郎・倉橋健一・たかとう匡子各氏。
自作詩朗読:犬飼愛生(愛知)、和比古(兵庫)、重光はるみ(岡山)、日笠芙美子(岡山)、松村信人(大阪)各氏。
関西大会チラシ

70周年記念大会

名称:一般社団法人日本詩人クラブ創立70周年記念「現代詩東西南北─地域に生きる詩人たち」
開催予定日:2020年11月14日㈯
会場:検討中
詳細は70周年記念事業のページをご覧ください。

現代詩セミナー・詩の授業・その他