一般社団法人

日本詩人クラブ

English

FAQ(よくある質問と回答)

Q1:日本詩人クラブに入会したいのですが、どうすればよいですか?
A1:会員入会と会友入会の二通りがあります。

会員入会 (2012年6月総会で改正されました)
(1) 詩集もしくは詩に関する著書をもち、今後ともその活動を続けることが期待できる者。
(2) 著書がなくとも顕著な翻訳・研究の業績を持ち、今後ともその活躍が期待できる者。
(3) 詩集及び著書がなくとも、2年以上会友として在籍し、詩業の実績を評価され、入会審査小委員会の推薦を受けた者。
上記の申込資格に該当する方が、理事1名会員1名の推薦により、入会審査小委員会の協議を経て、理事会の承認を得ると会員になることができます。
また日本詩人クラブ賞、日本詩人クラブ新人賞、日本詩人クラブ詩界賞の受賞者は理事会の承認により会員になることができます。
会員資格は、入会の諸手続きの終了後に発効します。

会友入会
理事1名会員1名の推薦により、入会審査小委員会の協議を経て、理事会の承認を得ると会友となることができます。
詩書はなくとも入会申込ができます。
会友は機関誌の配布を受け、刊行図書の割引、会の主催する公開の催しへの優待出席の特典があります。
総会への出席、議決権はありません。
入会申込書は次の用紙を印刷してご利用ください(会員・会友共用)。

Q2:入会金や会費はどのくらいですか?
A2:

  会員 入会金20,000円 年会費10,000円(10月〜翌年3月入会の場合の当該年度会費は 5,000円)
  会友 入会金なし 年会費5,000円です。

Q3:どんな活動をしていますか?
A3:一言では言えませんので、規約の中の「事業」を記します。

(1)詩誌及び図書の刊行及び収集
(2)詩に関する講演会、研究会、座談会、朗読会、展示会の開催
(3)優れた詩集及び詩に関する顕著な貢献、研究、評論、翻訳への顕彰
(4)内外の詩に関する研究、調査
(5)海外の詩人及び詩団体との提携、交流
(6)著作権の擁護
(7)慶弔金の贈呈
(8)その他、適当と認める事業

Q4:日本詩人クラブ新人賞に応募したいのですが?
A4:新人賞も含めた3賞は、公募制をとっていません。

会員900余名、会員外200余名による推薦詩集等と選考委員推薦の詩集等を選考委員会で検討して決定します。