一般社団法人

日本詩人クラブ

English

日本詩人クラブ賞受賞者一覧

年度 受賞者/受賞詩集・著書(出版社)
第1回(1968年) 木村 孝/詩集『五月の夜』(木犀書房)
第2回(1969年) 北 一平/詩集『魚』(木犀書房)
第3回(1970年) 武田 隆子/詩集『小鳥の影』(紅花社)
第4回(1971年) 西岡 光秋/詩集『鵜匠』(坂の上書店)
第5回(1972年) 該当者なし
第6回(1973年) 田村 のり子/詩論『出雲石見地方詩史五十年 草の根の詩人たち』(木犀書房)
第7回(1974年) 石原 武/詩集『離れ象』(山脈会)
村上 草彦/詩集『橋姫』(木犀書房)
第8回(1975年) 高橋 渡/詩集『冬の蝶』(昭森社)
第9回(1976年) 中野 嘉一/詩論集『前衛詩運動史の研究』(大原新生社)
第10回(1977年) 該当者なし
第11回(1978年) 堀口 定義/詩集『弾道』(思潮社)
第12回(1979年) 和田 徹三/詩集『和田徹三全詩集』(沖積舎)
第13回(1980年) 藤原 定/詩集『環』(弥生書房)
星野 徹/詩集『玄猿』(沖積舎)
第14回(1981年) 伊藤 賢三/詩集『水辺』(紙碑之会)
鈴木 漠/詩集『投影風雅』(書肆季節社)
第15回(1982年) 高橋 新吉/詩集『空洞』(立風書房)
第16回(1983年) 大滝 清雄/詩集『ラインの神話』(沖積舎)
宮崎 健三/詩集『類語』(国文社)
第17回(1984年) 足立 巻一/詩集『雑歌』(理論社)
第18回(1985年) 中村 隆/詩集『詩人の商売』(蜘蛛出版社)
第19回(1986年) 瀬谷 耕作/詩集『奥州浅川騒動』(黒詩社)
第20回(1987年) 黒部 節子/詩集『まぼろし戸』(花神社)
鈴木 満/詩集『翅』(国文社)
第21回(1988年) 秋谷 豊/詩集『砂漠のミイラ』(地球社)
第22回(1989年) 筧 槇二/詩集『怖い瞳』(石文館)
第23回(1990年) 小柳 玲子/詩集『黄泉のうさぎ』(花神社)
第24回(1991年) 宗 昇/詩集『くにざかいの歌』(詩学社)
第25回(1992年) 相良 平八郎/詩集『地霊遊行』(書肆季節社)
土橋 治重/詩集『根』(土曜美術社)
第26回(1993年) 藤富 保男/詩集『やぶにらみ』(思潮社)
第27回(1994年) 田中 清光/詩集『風の家』(思潮社)
第28回(1995年) 菊地 貞三/詩集『いつものように』(花神社)
原子 修/詩集『未来からの銃声』(縄文詩劇の会)
第29回(1996年) 小松 弘愛/詩集『どこか偽者めいた』(花神社)
第30回(1997年) 岡崎 純/詩集『寂光』(土曜美術社出版販売)
第31回(1998年) 河邨 文一郎/詩集『シベリア』(思潮社)
第32回(1999年) 木津川 昭夫/詩集『竹の異界』(砂子屋書房)
第33回(2000年) 田口 義弘/詩集『遠日点』(小沢書店)
第34回(2001年) 松尾 静明/詩集『都会の畑』(三宝社)
第35回(2002年) 冨長 覚梁/詩集『そして秘儀そして』(れんげ草舎)
第36回(2003年) 井奥 行彦/詩集『しずかな日々を』(書肆青樹社)
第37回(2004年) 吉野 令子/詩集『歳月、失われた蕾の真実』(思潮社)
第38回(2005年) 尾花 仙朔/詩集『有明まで』(思潮社)
第39回(2006年) 川島 完/詩集『ゴドー氏の村』(日本未来派)
第40回(2007年) 麻生 直子/詩集『足形のレリーフ』(梧桐書院)
第41回(2008年) 大掛 史子/詩集『桜鬼』(コールサック社)
第42回(2009年) 清水 茂/詩集『水底の寂かさ』(舷燈社)
第43回(2010年) 硲 杏子/詩集『水の声』(土曜美術社出版販売)
第44回(2011年) 北岡 淳子/詩集『鳥まばたけば』(土曜美術社出版販売)
第45回(2012年) 一色 真理/詩集『エス』(土曜美術社出版販売)
第46回(2013年) 岡野 絵里子/詩集『陽の仕事』(思潮社)
佐川 亜紀/詩集『押し花』(土曜美術社出版販売)
第47回(2014年) 金堀 則夫/詩集『畦放』(思潮社)
第48回(2015年) 柴田 三吉/詩集『角度』(ジャンクション・ハーベスト)
第49回(2016年) 林 嗣夫/詩集『そのようにして』(ふたば工房)
第50回(2017年) 岡 隆夫/詩集『馬ぁ出せぃ』(砂子屋書房)